まったり穏やか読み物ブログ

スコマエ

その他編

Mr.サンデーの木村太郎氏の潔さ

投稿日:2020年3月17日 更新日:

木村太郎氏

 

元NHKアナウンサーの木村太郎さんは 今あちこちの情報ニュース番組で

コメンテーターとして活躍されていますが

先日3月15日のMr.サンデー(フジテレビ)での一コマに

一瞬 息を飲みました。

 

新型コロナウイルス関連では

2月の終わりころに

「僕みたいな老人の致死率は高いの。みんな軽く考えすぎ。」

「姥捨て山のように 老人が死ぬの待っているの?」(氏は82歳です)

「僕は怖い」

「みんな 早くPCR検査できるようにしないと」

等々 身につまされるコメントをしていて なんて正直なと思っていたのですが

 

 


それから半月した同番組で

「PCR検査はしなくてよかった。僕は意見を変える」

堂々とそれまでの見解を翻しました。

 

イタリアの現状を鑑みて変えたとのことです。

(片端から検査をして 未症状の方も軽症の方も含めて隔離をしたため
病床が埋まってしまい、重症者に手が届きにくくなった件)

 

大人になると 間違いを訂正はおろか、謝ることも難しくなるのか

論点を変えたり、自分は悪くないを全面に出しつつ

でも間違いは認めないような

歯切れの悪さが目に付きます。

 

それを80歳を越えた りっぱなご老人の木村太郎さんが

あっさりと謝り、訂正し、意見の修正をした姿に

あっけにとられたけれども 私はとても好意的に取りました。

 

実際問題 今回の件は 本当に正しかったかどうかは

終息してみないとわからない所はあります。

ダイヤモンドプリンセス号にしても 最初は世界が日本たたきをしていましたが

最近は あの処置は正しかったと風向きが変わってもいます。

 

間違いと思った時にすぐに言動に移すことは

年齢が上がれば上がるほど難しくなります。

 

周りの評価、反応よりも

自分が自分で許せなくなるから

あの行動になったのだと思うと きっぱり言い切ったなぁと

失礼ながら 微笑ましくも感じるほどです。

以前 友人に

私の意見が 時々変わることに対して

「いつのあなたを信用すればいいのよ」と言われたことがあるのですが

 

私からすれば

情報が変われば 意見は変化するものだと思っているので

よけいに今回の件は 腑に落ちたのだと思います。

今後の木村さんも注目しようと思います。

-その他編

Copyright© スコマエ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.