まったり穏やか読み物ブログ

スコマエ

子育て編

子供が痴漢被害にあった時の親の対応【小学校編】

投稿日:2020年4月14日 更新日:

子供が痴漢被害に遭った時の親の対応

私も小学校の時に経験があります。

 

留守番をしていて 業者の方が荷物を届けに来て

抱っこされて下着に手を入れられました。

 

古今東西まったく減らない 子供への痴漢ですが

小学校低学年で 遭遇した場合のお話しです。

親は聞きださない方がいいでしょう

 

子供は 登校時に友達の少し後ろを歩いていて

いきなり引っ張られて キスをされたらしいです。

 

しかし 何があったのかよく分からず

学校でそれを先生に話したとのこと。

 

連絡をもらって 迎えに行きましたが

わめくでも悲しむでもなく きょとんとした感じでした。

 

普段から おしゃべりな方ではなかったので

連れて帰り 様子を見ていたのですが

 

表立った変化はありませんでした。

 

夜 警察の方が二人 家に来ました。

(学校から連絡がいったのでしょうね)

 

 

警察の提案

 

被害届を薦めるかどうかは 遭遇した年齢によるようです。

  1. 周辺のパトロールを強化すること
  2. 被害届は出さない方がいいこと

 

…を提案されました。

パトロールは学校からの要望もあったようですが

 

被害届については

 

出すためには

事細かにされたことを思い出して 書かないといけないので

小さい子には薦めないと。

 

当時は泣き寝入りをしろという事だと感じました

 

親としては 痴漢をはたらいた人は捕まって欲しいし

子供がそういう目に合っているのに

 

警察は何もしようとしないの?と思ったからです。

 

この程度のことで煩わされたくないから

届けは出さない方がと 薦めているのかしらと邪推もしました。

 

2度目の被害

子供が痴漢被害に遭った時の親の対応

 

仲のいいお友達に 悪いけれどと

常に一緒に登校していただけるよう 改めてお願いし

 

1ヶ月ほど経った頃

 

再び 少し後ろを歩いている時に手をひっぱられ

股間を触らせるという事件が起こりました。

 

迎えに行った時は 前回と違い固まっていました。

 

恐怖心が出てきたのだと思います。

家に連れて帰り 抱きしめました。

 

先生の提案

 

流石にこう短期間に 同じ時間帯で被害に遭うと

子供が特定されているのではないかという懸念も出てきます。

 

それを踏まえて 当時の担任の先生(男性)が提案をしました。

「しばらく登下校はお母さんと一緒にしようか」「うん」

 

それから数ヶ月 送り迎えをしたのですが、

 

クラスに迎えに入っても 他の子がはやし立てるでもなかったので

先生が事情をわかりやすく 言い含めていたのだと思います。

 

子供からの言葉

 

三ヶ月ほど経った頃 子供の方から

「お母さん もう朝もお迎えもなくていいよ」

と言われました。

 

「〇〇ちゃんがずっと手をつなぐよって言ってくれたし

わたしも気をつけて歩くから」

 

まとめ  (今 思う事)

子供が痴漢被害に遭った時の大人の対応

 

1度目も2度目も

私は子供に聞き出すことはしませんでした。

関心がないわけではありません。

 

なのに何故と思った時に

 

自分の体験があったのだなと。

 

私が被害に遭った事を知った母は 事細かにどうされたのか聞いて
業者にクレームを言いに行きました。

子供心に何故 そんなに聞くのだろうと思ったのですが
大人になるにつれ おいおい理解していきました。

 

あれから数十年経って

子供は一度も 当時のことは話しませんし

私も聞いたことはありません。

 

覚えてないのかもしれませんが

そうでなかったとしても 自分で対処できる年齢とは思います。

 

つまり

  • 事を荒立てなかった警察の対応
  • 時間経過でそれ以上の被害を防いだ先生の対応

 

どちらも 正しかったのではないかと思うのです。

 

加害者は見つかりませんでした。

(元々 検挙率は高くないらしいです)

 

親は子供を問いたださないのがいいと思います。

 

体験から ただ向き合って

少しずつ いつもの日常が戻る手助けをすることで

 

低学年の場合は特に 記憶の奥底に眠らせられるのかもしれません。

 

 

-子育て編

Copyright© スコマエ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.