まったり穏やか読み物ブログ

スコマエ

生活編

【習慣性貧血はこれで治る】三食をきちんと食べよう

投稿日:2020年3月16日 更新日:

貧血は生活改善で治そう

特に日常生活に支障は感じていなかったのですが

健康診断で律儀に3年ごとに 貧血認定されていました。

 (女性は11.4g/dlより下がると貧血です)

 

その私が食生活の改善だけで 治癒できた経験談です。


 

それまでの生活習慣

貧血時の生活習慣

ヘモグロビン値が8gになると 医者で鉄剤を処方してもらい

3ヶ月飲んで13gに増やし

 

その後3年目にまた一桁になり鉄剤を飲むという無限ループ

10年以上は続けて来ていて

 

医者も

「生活習慣だね」と匙をなげていました。

 

だいたい毎年1.5g/dlずつ下がっていく計算でした。

 

 当時の一日
  • 朝、皆を送り出した後は 朝寝
  • 10時ごろに朝食
  • >家事やらこなして夕方に軽食かお菓子
  • 22時頃夕食

 

書き出してみると まともな食事って夜だけですね…。

しかし その後 強制的に(笑) 生活が変わることになりました。

 

主人がリタイアして 毎日家にいることになったのです。

そして お昼は麺類だけどと 二人分作ってくれることになりました。

 

その後の生活習慣

貧血は生活改善で

朝食

 

朝8時 朝ドラを見ながら

トーストとコーヒーのみ

昼食

 

昼13時

焼きそば、うどん、そば、皿うどん、スパゲッティ、ラーメン

のどれか。野菜もお肉も入っています。

間食

 

夕方17時半

せんべい、ポテチ、クッキー、チョコレート類少しずつとカフェオレ

夕食

 

夜21時半

煮物、揚げ物、汁物等 一汁二品くらいにご飯

基本的に野菜とお肉です。 アレルギーで魚がだめな人が多いので。

 

子供の帰りが不規則な上、遅いので

夕飯はどうしても遅れます。

 

その為 夕方に間食があるわけですけれども。

 

そして

3ヶ月後の健康診断

 

主人が家にいるようになってから

ちょうど3ヶ月後に健康診断があったのですが

 

なんと  12g/dl  あったのです!

 

ループを考えると一桁になりそうな年でした。

これには私より医者が驚きました。

 

鉄剤も飲んでいないのに こんなに改善するなんて。

 

それから数年経つのですけれど

ずっとキープできています。貧血とさよならができました。

 

まとめ

貧血は生活改善で

 

世の中の方の時間割とは 大分ずれていますし

週末は朝食と昼食は合体して トースト&コーヒーだったりするのですけれど

 

ほぼ 決まった時間の食事、とりわけ昼食の充実

大きかったと思っています。

 

そういえば体重もちょこっと増えました(笑)

 

でも

上り階段や坂道も容易く歩けるようになりましたし

10年前より体力はありそうです。

 

素人考えですが

3食の内 2食がきちんとしていれば改善される

のではないかと

 

家族の中で貧血だったのは私だけだったので。

恐らく、規則正しい時間の食事よりも その内容の方が大事と思います。

 

 

-生活編

Copyright© スコマエ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.